ごあいさつ|群馬県高崎市の切削加工、タービンブレード「株式会社長井精機」

GREETING

世界を明るく幸せにしていく、技術者集団を目指して

豊かで快適な暮らしのライフラインとして、さらには経済発展のための礎として、世界中で必要とされているのが電力です。私たち長井精機は、そうした大切な電力を生み出す発電設備の重要部品であるタービンブレードの製造を手がけている専門メーカーです。より発電効率の高い発電設備の実現に向けテクノロジーが進歩するなか、それに応える高品質・高精度のタービンブレードをお客様に供給することで、世界を明るく幸せにしていく技術者集団でありたいと考えています。

そのため、全社を挙げて進めているのが、人材を基盤とした「T.T.T経営」です。社員1人ひとりが楽しく働きがいを持って取り組むことで、TOPの仕事をしてTOPの利益を生み出し、TOPの待遇を実現していく。それがお客様の満足につながり、ひいてはお客様の役に立つことで私たちの心をも豊かにしていくのです。これからも、現状に安住することなく全社員が英知を結集して日々の改善を続けることで、より良い製品づくりに努めてまいります。

代表取締役会長 長井 英隆

弊社ではインフラの要になる発電所などに使われるタービンブレードをメインの製品として製造しています。
目まぐるしく変わる社会情勢、環境、トレンド、ニューノーマルなどの中で弊社では変わらないもの、それは、お客様のため、職人だと言う事です。
タービンブレード、医療、航空宇宙製品で培った技術で“出来ない”と言わないをモットーに出来るためには何が必要なのかを常に考えるひと、組織でありたいと考えます。お客様の求めるものが品質であれば実現するためには何が必要なのか、納期であれば実現するためには何が必要なのか、多種多様な課題の中でお客様の頼りになる存在になりたいと考えます。

先代の時より“亡己利他”を大切に自分以外の人のために何が出来るかを考え行動してきました。会社内であれば同僚のために、前工程・後工程のために何が出来るのか、会社外であればお客様のため、協力会社のために何が出来るのかを考えています。
品質面では航空機、ロケットなどを製造するため航空宇宙品質“JISQ9100”の認証を取得しています。そのため高度な要求、管理に対応致します。
平均年齢30代の若い会社ですので今後ともあたたかく見守り頂けますと幸いです。

代表取締役社長 長井 宏幸

ページトップへ