当社について|群馬県高崎市の切削加工、タービンブレード「株式会社長井精機」

ABOUT

長井精機のはじまり

切削工具や冶具の設計で、磨き抜いた技術力をもとに創業

当社のルーツは、創業者である長井幸三が戦前、日本特殊鋼株式会社(現在の大同特殊鋼)で技術者として研鑽を積んだことに始まります。切削工具や治具の設計を担当し、砲身の溝切り用歯車を開発した成果で社長賞も受けました。戦後に入ると、小さな鉄工所で再スタートし、1950年には個人事業で長井製作所を創業。敷地面積400平方メートル、工場263平方メートル、事務所50平方メートルで、歯車及び機械部品の製作を開始したのです。

長井精機物語

長井精機の一貫生産体制

ニーズに応える高品質・高精度の製品をスピーディに生産

主力製品である発電用のタービンブレードは、発電効率を大きく左右する重要部品です。高温・高圧の水蒸気やガスのエネルギーを効率よく回転運動に変えるため、製品づくりには極めて高い精度と強度、そして複雑な3次元加工が求められます。長井精機では、長年にわたって培ってきた技術蓄積により、ステンレス鋼をはじめとした多様なバー材の切断から切削、研磨、二次加工、さらには検査までの一貫生産体制を構築。お客様のニーズにしっかり応える高品質・高精度の製品を効率よく生産しています。

  • 01.切断

    ステンレス鋼をはじめ多様な鋼材の切断に対応しています。

  • 02.切削

    50番テーパ使用のマシニングセンタでスピーディに切削加工を行います。

  • 03.研磨

    複雑な3次元曲面の製品をご指定の表面粗さに研磨します(現在Ra0.7まで実績がございます)。

  • 04.二次加工

    ショットピーニングをはじめとした二次加工も内製化しています。

  • 05.検査

    3次元座標測定機等を使って、全数の品質検査にも対応しています。

企業と人材への考え方

アグレッシブな経営戦略を可能にする強固な財務体質

経営の健全性のバロメーターである自己資本比率は、資本金3億円以下の製造業で平均15%以下です。これに対して長井精機の自己資本比率は、2013年4月現在、80%を超えているほか、有利子負債もゼロになっています。こうした強固な財務体質のもと、TOPの仕事、TOPの利益、TOPの待遇を目指した「T.T.T経営」を展開。設備投資に積極的に取り組むとともに、1人ひとりが主役の働きがいのある職場づくりを推進。とりわけ、経営における最大のリソースに位置づける、人材の育成に力を注いでいます。

極限環境で培った経験

世界最高水準の加工技術で高い強度と精度を実現

当社が主力にしている発電用のタービンブレードは、1000℃を超える高温・高圧の水蒸気やガスを受けながら音速に近いスピードで回転するという、まさに極限の環境で活躍する重要部品です。当然のことながら、その製品には極めて高い強度と精度が求められます。長井精機では、半世紀にわたって業界をリードするブレード加工技術を蓄積。インコネルをはじめとした硬くて削りにくい特殊鋼を1/100ミリ単位の精度で3次元曲面に切削・研磨する高品質・高精度のモノづくりを実現しています。

NAGAIの技術

高い品質を要求されるあらゆる産業へ

長年にわたる技術蓄積をもとに、新たな技術領域を開拓

極限環境で活躍するタービンブレードで培った世界最高水準の加工技術。その技術が力を発揮するのは、発電分野だけではありません。より精緻で絶対の信頼性が求められる医療器具や、発電と同様の極限環境で使用される航空・宇宙分野も、有力な技術領域です。長井精機では、これまでに医療用器具の生産で実績を持つとともに、2011年には航空宇宙産業向けの品質マネジメントシステム規格である「JISQ9100」の認証を取得。次々世代航空機のジェットエンジンで活躍するブレード等、航空機用部品の加工にも乗り出しています。

製品一覧

Features of Nagai Seiki

As one of the few manufacturers that specializes in machining turbine blades for nuclear and thermal power generation, and based on advanced cutting technologies and solid financial strength, we create high-quality and high-precision products that meet customers’ needs.

Machining manufacturer of turbine blades for nuclear and thermal power generation

Our main products are turbine blades-key components in nuclear and thermal power generation. We focus particularly on small and medium-sized blades requiring higher quality and precision. Our products are delivered to major manufacturers of heavy electric machinery in Japan, and their products have been used successfully at nuclear and thermal power plants around the world, including “Tokyo Electric Power’s Kashiwazaki-Kariwa Nuclear Power Plant,” which boasts the world’s highest power generation capacity.

Outstanding cutting technology to create high-quality, high-precision products

Turbine blades, which convert steam and gas energy into a rotational movement, are important components that have a major impact on generating efficiency. The material, shape, and precision of machining have become more sophisticated with advances in power generation technology. Since venturing into the machining of turbine rotor blades in 1960, Nagai Seiki has been creating high-quality, high-precision products based on cutting technologies accumulated over more than half a century.

Equity ratio of over 80% supports active investment in plant and equipment

While the average equity ratio of manufacturers capitalized at less than 300-million yen is below 15 percent, Nagai Seiki boasted an equity ratio of 90 percent as of June 2011. This solid financial strength has enabled us to actively invest in plant and equipment such as the machining centers and coordinate measuring machines, which are indispensable for high-precision cutting. With many construction projects for power plants underway around the world, we are building up our production capacity to meet growing demand.

Promoting a rewarding workplace where everyone plays a leading role

Our people support the outstanding technological prowess of Nagai Seiki. That is why we are making a company-wide effort to promote “T.T.T. Management.” This aims to achieve Top operation, Top profit, and Top working conditions. And, we are promoting a rewarding workplace where everyone plays a leading role through activities such as meetings in which everyone participates to find ways to improve operations.

Pursuing the world’s highest standards of competitiveness through automation and rationalization

To respond to various customer needs, raising productivity is just as important as pursuing quality and precision. After experiencing a sharp appreciation of the yen in the mid-1980s, Nagai Seiki has made a major transition from labor-intensive to capital-intensive operation. We have pursued the rationalization of production through the introduction of unmanned, 24-hour-operation machining centers, and the creation of an automatic polishing system using intelligent robots.

ページトップへ